妊活中のカップルに聞いた!プレメントシリンジのモニターアンケート結果

妊活中のカップルに聞いた!プレメントシリンジのモニターアンケート結果

今回は、実際にプレメントシリンジ使っていただき、その使用感や使い方、また妊活に対する思いなどをアンケートしました。
モニターとしてアンケートにご参加いただいたカップルは33組、期間は6ヶ月間で6回に分けてアンケートを行いました。その結果をご紹介いたします。

  1. 1人目の赤ちゃん? それとも2人目の赤ちゃんを望んで?
  2. 共働きのカップルは、どれくらい?
  3. 不妊治療はしている? 妊活期間はどれくらい?
  4. 妊活で一番負担に感じることは何?
  5. 妊活についてパートナーと話し合っている?
  6. プレメントシリンジの利用回数は?
  7. プレメントシリンジの利用は排卵の何日前?
  8. 6カ月間プレメントシリンジを使ってみた満足度は?
  9. プレメントシリンジを使ってみた感想

1人目の赤ちゃん? それとも2人目の赤ちゃんを望んで?

アンケートに回答いただいたのは奥様の年齢が27歳〜43歳までの33組。
このうち30代前半のカップル20組(61%)と多く、1人目の赤ちゃんを望んでいるカップルは17組(52%)で、2人目以降の赤ちゃんを望んでいるカップルは16組(48%)と約半々でした。
最近、2人目不妊が増えてきていると聞きますが、ここにもあらわれているようです。

Q1グラフ Q2グラフ

共働きのカップルは、どれくらい?

共働きのカップルは25組で、全体の76%でした。
8組(24%)は専業主婦とその他の育休中でした。
妊活や不妊治療をするうえで、仕事との両立が難しいという声も多く聞かれます。

1、2のアンケート結果から、年齢、何人目の赤ちゃんを望んでの妊活か、そして仕事との両立などの基本的なデータを踏まえて、次からのアンケート結果を見ていきましょう。

Q3グラフ

不妊治療はしている? 妊活期間はどれくらい?

今回、プレメントシリンジをご利用いただいたカップルの妊活ステージについては、なんらかの不妊治療をしているカップルが全体の91%でした。このうちのその他は、治療お休み中で、顕微授精までしたけれど赤ちゃんが授かっていないカップルでした。

妊活期間については3〜6カ月以下が12組(36%)と多いことがわかりますが、妊活期間が1年〜3年以上となるカップルも18組(55%)と多く、妊活期間が長期にわたるカップルも少なくないことがわかりました。

Q4グラフ Q5グラフ

妊活で一番負担に感じることは何?

妊活をしていて負担に感じることをお聞きしました。

一番は「プレッシャー」。
毎月、生理が来るたびに落ち込んで妊娠を責務のように思い、プレッシャーを感じたり、友人や知り合いの妊娠に焦りを感じたりしていることでしょう。

次は「時間的な制約」です。
タイミングを取るのは、1カ月の間でも限られた期間ですし、女性は妊娠できる期間が限られています。これもプレッシャーや焦りにつながりますね。

次に「性行為」でした。
これについてはご意見を伺い、「気持ちよくない」「痛い」「作業になってしまう」「気持ちがのらない」「排卵日付近でタイミングを取ることが夫のプレッシャーになっている」などが寄せられました。

このような負担を感じていたなかで、プレメントシリンジをご利用いただくきっかけについて併せて聞いてみました。
今回は、モニターアンケートでしたので、その案内から知ったからという意見も多かったのですが、具体的には「性行為をしなくてもできる妊活方法をネットで検索した」「夫が腟内射精障害だった」「性生活がプレッシャーだった」「共働きで忙しく、タイミングを取るのが難しかった」など性生活に関することが多く挙げられていました。そのほかでは「不妊治療の病院で」「ネットで妊活について調べていた」などもありました。

Q6グラフ

妊活についてパートナーと話し合っている?

パートナーとの話し合いの有無とその頻度について尋ねました。
「はい(話し合っている)」が31組、「いいえ(話し合っていない)」が1組でした。

はい・いいえグラフ

また、話し合っているカップル31組のうち、どれくらいの頻度で話し合っているのかを尋ねた結果では、月に1回が最も多く14組(45%)でしたが、週に数回、週に1回話し合うカップルがそれぞれ8組で、週に1回は話し合うカップルは16組(52%)と半数以上でした。

妊娠に対する考えや思いに温度差があるカップルが多い傾向があります。その差を埋めるためには思いやりなどの心も大切ですが、お互いが正しい知識を持つことも重要です。それらが支え合いになり、プレッシャーや焦りなどの精神的ストレスを和らげることにもつながることでしょう。

「はい」と答えた方はどのくらいの頻度で話し合っていますか?

プレメントシリンジを利用した回数は何回ですか?

1回の月経周期で、何回プレメントシリンジを利用して妊娠にチャレンジしたか、1回目のアンケートから5回目のアンケートまでグラフにまとめました。

2回、または3回利用しているカップルが最も多く、複数回性生活を持っていることが伺えます。

また、なんらかの不妊治療をしているカップルは、タイミング療法や人工授精などは同周期に治療と併用して、体外受精は治療周期と治療周期の間に2〜3回ご利用いただいているのではないかと考えられます。

Q7グラフ

プレメントシリンジを利用したタイミングは排卵の何日前ですか?

プレメントシリンジを、どのタイミングで利用したのかをアンケート回ごとに尋ねてみました。
1回の月経周期に複数回の利用があるため、この回答は複数回答になっています。

排卵日2日前、排卵日当日が多く、ついで排卵日1日前と排卵前に利用することが多いのですが、排卵後も利用していることがわかります。

排卵は「日」で考えますが、実際にはその日の何時に排卵が起こったかによって受精のタイミングは変わってきます。基本的には、排卵してくる卵子を精子が待ち構えているほうが良いので、排卵日前にプレメントシリンジを利用していただくのがGOODです。

自己タイミングで妊活している場合、基礎体温や排卵日検査薬などで性生活のタイミングをスケジュールすることが多いと思いますが、「今日が排卵日!」と思っていても、実際にはそれより前だったり、後だったりすることは珍しくありません。

また、排卵が午前10時に起こったのと、午後10時に起こったのでは12時間の差があります。卵子の寿命は24時間とされていますが、受精可能なのはそのうち8時間という説や24時間という説もあります。卵子にもそれぞれ個性がありますので「排卵後にプレメントシリンジを使っても意味ないんじゃない?」と思うかもしれませんが、決してそうではありません。排卵が思った以上にワガママな周期もありますので、排卵の時間なども考慮しながらの利用がおすすめです。

Q8グラフ

6カ月間プレメントシリンジを使ってみた満足度は?

6月から11月まで6カ月間使ってみた満足度は、とても満足が47%、そこそこ満足が42%と大半のカップルにご満足いただけていることがわかりました。

どのように満足だったかは、いただいた感想を読むと「使いやすい」「清潔で安全」「疲れていてもタイミングがとれる」「ストレスが少なくなった」「プレッシャーから解放された」など、使って良かった!という声が多くあがっていました。

その一方、「シリンジにつなぐシリコンカテーテルの中に少し精液が残っているのがもったいない!」などの具体的意見もありました。ご主人の精液が少ないときには、とても気になってしまいますよね。

このほかにもさまざまなご意見をいただき、私たちはさらに検討を重ね、良いプレメントシリンジを使っていただけるように努めてまいります。

長きに渡り、プレメントシリンジの使用に関するアンケートにご協力いただいたカップルには、大変感謝しています。ありがとうございました。

Q9グラフ

プレメントシリンジを使ってみた感想

プレメントシリンジを使ってみたカップルの感想をご紹介します!

良かった感想

  • 難しいこと手順もなく、手軽に使えて良かったです。また挿入部分のシリコンが柔らかく、太くもないのですんなりと挿入することができました。
  • ストレスが軽減され、プレッシャーから解放された気分です!タイミングの日なのに、性行為の途中でダメになったとか、疲れて今日は無理とか、帰りが遅くて時間がないという日でも、シリンジがあるし!という気持ちでお互いいられるのが良かったです。
  • 2人目を望んでの妊活ですが、子どもが起きてしまわないかとか、夫の夜勤の都合などで、タイミングを取るのが難しい日もあります。でも、プレメントシリンジのおかげでストレスも少なくなりました
  • 不妊治療で体外受精をしていましたが、授かりませんでした。でも、諦めきれずにいます。プレメントシリンジを使うことで精神的にも救われました。
  • 私の腟が狭いようで、性行為が痛く、辛いです。排卵までに数回タイミングを取るために、性行為とプレメントシリンジを交互に使うようにしてからはストレスも少なくなりました。シリコンはスムーズに入れることができるので痛みもなくて良かったです。
  • 比較的費用も安いのがよかったです。

良くなかった感想

  • 慣れるまではシリコンを挿入するのに痛みがありました。いきなりは痛いので、少し濡れてから挿入するようにしたら痛みはないです。
  • シリンジにシリコンを装着するのに、手間取りました。慣れるまでは、少し大変かも。
  • 精液を入れる容器が少し小さいように思います。また、気温が低い時は精液が冷えてしまうのが心配です。
  • カテーテルが短いのではないかと思います。
  • 精液を最後まで入れることができず、シリンジに少し残ってしまいます。もったいないので、全部が入るようにしてほしい。
  • とても便利でいいのですが、セックスレスが加速してしまうのではないかと不安になります。

疑問、質問

  • ちゃんと自分の腟に入っているかがわかりにくく、どんな体勢で挿入するのが一番いいのかな?
  • 空気に触れて精子が死んでしまわないのか心配。大丈夫なんですか?
  • 精液を腟にいれた後で、腟から漏れ出てしまいます。対策があれば、教えて欲しいです。
  • どれくらいの妊娠率なのかが知りたいです。
  • 人工授精のカテーテルと比べて短いのですが、ちゃんと子宮へ届いているのでしょうか。

ご主人様の感想

  • 時間の束縛や体調の負担が少なく楽に感じます。
  • 年齢的にも、元々連日タイミングをとることが難しかったから負担なくタイミングが取れるのは有難い。
  • 仕事で疲れていてもセックスをしなくてはいけないというストレスが減った。
  • 機械的で気持ち的に少しさみしい気持ちになると言われてしまいました。
  • プレッシャーが半減したと。準備しておくだけで、心の余裕ができるようで、使わないで済むことが増えた
  • タイミングを伝えて性行為をするよりも、うちはシリンジでの妊活の方が反応が良いです。思ったよりも長い妊活になっているので、正直疲れていたりして気分じゃない時も性行為をしなければいけないのはキツい。でもシリンジでならお互いストレスフリーです。
  • 少しは気が楽になった。 回数を取れるようになったが、シリンジするために採取しないとと思ううちに3周期目から、プレッシャーになり、採取できなかったことがあった。

ご意見

  • 最初は「セックスのない子作りなんて…」という偏見もありました。でも、誰もが望めば子どもが授かるわけではないからこそ、妊活の方法のひとつとしていいのではないかと思うようになりました。
  • 自宅でできるので、夫婦での会話の中に妊活の話題が出る事も増えましたし、夫も巻き込んでの妊活ができます。シリンジ法は、なかなか授からずに悩んでいる身近な方にオススメしたい妊活です。

いかがでしたでしょうか?
今回、妊活スタイルで行ったモニターアンケートで、現在妊活されている方々のリアルな現状をお伝えしてきました。

また、今回のモニターアンケート期間中に1名の方が妊娠されました!

妊活を始めてみると、それまで想像もできなかった問題に直面したり、さまざまな感情を経験することもあります。
妊活をするうえで大切なのは、お互いにとって妊活がストレスにならないこと。出来る限りストレスを最小限にし、なるべく妊娠のチャンスを高めるための方法として、プレメントシリンジを上手に取り入れていくのもよいでしょう。

妊娠にはタイムリミットがあるからこそ、少しでも妊活に悩んでいる方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

▼プレメントシリンジの詳細はこちら▼



【調査概要】
対象:妊娠希望のプレメントシリンジモニター希望者
調査方法:インターネット調査
調査期間:
2023年
第1回目:6/8(木)~6/30(金)
第2回目:7/7(金)~7/31(月)
第3回目:8/8(火)~8/31(木)
第4回目:9/8(金)~9/30(土)
第5回目:10/7(土)~10/31(火)
第6回目:11/8(水)~11/30(木)
人数:33組(66名)

※掲載しているレビューは効果効能を保証するものではございません。あくまでも本商品をご使用されたお客様個人のご感想です。