カップルの体型(体組成)と妊娠までの期間

論文紹介

カップルの体型(体組成)と妊娠までの期間

タイトル:Couples’ body composition and time-to-pregnancy
著者:Rajeshwari Sundaram , Sunni L Mumford ,Germaine M Buck Louis
出版:Hum Reprod. 2017 Mar 1;32(3):662-668. doi: 10.1093/humrep/dex001.
PMID: 28158570
DOI: 10.1093/humrep/dex001
論文元URL:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5400044/

アメリカ合衆国のユーニスケネディシュライバー国立小児保健発達研究所に所属するバイオインフォマティクス部門の研究員Rajeshwari Sundaram 氏らによって2017年にHuman Reproductionに報告された論文を紹介いたします。

彼らは、夫婦の体型は、妊娠までの期間(TTP)が長くなることによる繁殖力の低下と関連するか?という疑問を持ち、ミシガン州とテキサス州の16の郡でカップルを対象に追跡研究を行いました。

≪論文紹介≫

概要

BMIで測定される肥満は、いくつかの疫学研究において出産の可能性低下と関連していると報告されています。

女性のBMIは多くの場合妊娠までの期間に依存しているとされています。

一方、男性のBMIは精液の質や不妊症と逆相関するとされていますが、BMI、ウエスト周囲径・身長比(WHTR)、ウエスト・ヒップ比(WHR)などのカップルの体組成を妊娠までの期間と一緒に測定した研究はこれまでありませんでした。

米国およびそのほかの地域で肥満の流行が続いており、カップルの繁殖力に足しうる男性パートナーの重要性が認識されつつあることを考慮して、著者らは研究を開始しました。

調査対象

ミシガン州とテキサス州の16の郡から、妊娠を希望して避妊を中止し、LIFE(Longitudinal Investigation of Fertility and the Environment)研究に登録された501組のカップルを対象としました。

登録基準は以下の通りです。

  • (i)18~40歳の女性と18歳以上の男性パートナー
  • (ii)結婚しているか交際している
  • (iii)妊活モニターが要求する月経周期の長さが21~42日であると自己申告している
  • (iv)英語またはスペイン語でコミュニケーションができる
  • (v)過去12カ月間に注射によるホルモン避妊法を使用していない。
  • また医師から不妊症と診断されたカップルは参加資格がなく、2カ月以上避妊をしていないカップルも対象とした。

妊娠を試みているカップルを最長12カ月間追跡調査し、月経予定日に毎月hCG妊娠検査を実施した。

データ収集

女性パートナーは、登録時にすでに妊娠していないことを確認するために、自宅で妊娠検査を行いました。

各カップルの医学的・生殖的履歴、過去12ヶ月間の喫煙・飲酒について、ベースラインインタビューを行いました。

身体活動については、男女ともに、定期的に激しい運動をしているかどうか、している場合は何日間しているか、という2つの質問への回答をもとに確認しました。

妊娠検査

カップルは性交に関する日誌を記入し、女性は妊娠を試みている間の月経と妊娠検査の結果を記録しました。女性は、排卵までの性交のタイミングを計るために、スイスのSPD Development社製のClearblue® Easy受胎モニターの使用方法を、メーカーのガイダンスに従って、生理周期の6日目から指導されました。このモニターは、エストロン-3-グルコロニド(E3G)とLHのレベルを追跡し、受胎可能性の低さ、高さ、ピークを視覚的に示すものです。

また、女性には、家庭用デジタル妊娠検査薬「クリアブルー®イージー」(SPD Development社、スイス)を月経予定日とその1週間後に使用するよう指示しました。この受胎モニターは、ゴールドスタンダードの超音波検査と比較して、LHサージの検出精度が高く(99%)、受胎能力のピークを予測する精度が高いことが示されています(Behreら、2000年)。家庭用妊娠検査薬Clearblue® Digitalは、月経予定日から使用することで、99%の精度で妊娠を検出することができます。

体組成測定

人体測定には、訓練を受けた看護師が携帯型身長計を用いた身長、校正された電子秤を用いた体重、および周径(ウエスト、ヒップ)を測定しました。

看護師は、1/2インチ以下を四捨五入して2回測定し、身長(1/2インチ以上)および体重(1ポンド以上)で差がある場合、3回目の測定を行いました。

BMI(kg/m2)は、測定した身長(cmに換算)と体重(kgに換算)から算出し、分析のために、正常または低体重(25.0未満)、過体重(25.0~29.9)、肥満クラスI(30.0~34.9)、肥満クラスII(35以上)に分類しました。

結果1:参加カップルの特徴

調査対象者のパートナー別の特徴が示されています。具体的には、白人で、大学教育を受け、既婚のカップルが多い傾向にありました。

特徴 男性(%) 女性(%)
人種
白人 79 78
学歴
大学以上 90 94
コチニンベースの喫煙状況
無し(コチニン10ng/ml未満) 83 93
1未満(喫煙/週) 58 60
1~4(喫煙/週) 35 31
5以上(喫煙/週) 7 9
甲状腺機能低下症の既往歴
なし 99 92
多嚢胞性卵巣症候群の女性の既往歴
なし 95

Rajeshwari S, et al. Hum Reprod. 2017より引用編集

結果2:参加カップルの体型

全体では、女性の27%、男性の41%が肥満度Iクラス以上(BMI≧30.0kg/m2)で、男性の40%がウエスト周囲長101.6cm以上、女性の47.3%がウエスト周囲長88.6cm以上でした。

また、女性の60%、男性の58%が週に1回以下の運動しかしていないと回答しており、大部分のコホートは運動不足でした。

特徴 男性(%) 女性(%)
BMI(kg/m2)
低体重または正常(25未満) 17 46
過体重(25~30未満) 42 27
肥満度I (30~35未満) 26 13
肥満度II(35歳以上) 15 14
男性のウエスト周囲径
<94cm未満 33
94から101.6cm未満 27
≥101.6cm以上 40
女性のウエスト周囲径
<80cm未満 24
80から<88.6cm 29
≥88.6cm以上 47
ウエスト・身長比
普通(0.5未満) 18 33
ラージ(0.5以上) 82 67
ウエスト・ヒップ比
レギュラー(0.8未満) 27
大きい (0.8 以上) 73

Rajeshwari S, et al. Hum Reprod. 2017より引用編集

結果3:参加カップルの妊娠率

参加カップルの妊娠率および性行、月経周期、規則性を下記表に示します。

特徴 男性(%) 女性(%)
女性の妊娠率
妊娠していない 42%
妊娠したが、出産していない 11%
妊娠して出産した 47%
年齢 31.8歳 30歳
平均月経周期の長さ 32.2日
平均性交/月経周期 7.4回 7.4回
女性の月経周期の乱れ
規則的 84%

Rajeshwari S, et al. Hum Reprod. 2017より引用編集

結果4:パートナーの体格測定と繁殖力

カップルの各パートナーについて個別に測定した人体測定値のうち、女性のウエスト周囲径88.6cm以上のみが出産可能性と有意に関連しており、女性パートナーのウエスト周囲径が80cm未満のカップルに比べて約36%減少しました。

女性のBMI(男性は除く)、および女性のウエスト周囲径(男性は除く)と出産能力との間には、用量反応関係が認められたが、その傾向は有意ではなかった。女性、男性ともにWHTRとWHRが高い場合、出産能力の低下との関連が見られた。

*女性パートナーの年齢、男性と女性の年齢差、両パートナーの喫煙状況(コチニンレベル≧10 ng/mlに基づく)、両パートナーの1週間あたりの活発な身体活動の日数、および両パートナーの遊離コレステロール値(対数変換)で調整。

†女性パートナーのパートナーの年齢、男女の年齢差、両パートナーの喫煙状況(コチニンレベル≧10 ng/mlに基づく)、両パートナーの週あたりの活発な身体活動の日数、両パートナーの人種(白人か否か)、両パートナーの教育(大学レベルか否か)、両パートナーの遊離コレステロール値(対数変換)、周期あたりの平均性交回数、月経周期の規則性(規則的か否か)で調整した。

人体測定指標 未調整 調整* 調整† †
BMI (kg/m2)
女性
25~35歳未満 0.77 0.82 0.92
35歳以上 0.7 0.77 0.83
男性
25~35歳未満 1.07 1.08 0.99
35歳以上 0.97 1.03 0.9
ウエスト周長(cm)
女性
80〜88.6未満 0.81 0.88 0.94
88.6以上 0.64 0.68 0.77
男性
94〜101.6 0.97 0.97 0.97
101.6以上 1.06 1.17 1
WHtR
女性 0.83 0.86 0.94
男性 0.89 0.93 0.9
WHR
女性 0.91 0.94 0.96

Rajeshwari S, et al. Hum Reprod. 2017より引用編集

結果5:カップルの脂肪率とFOR

男性パートナーのBMIが正常であるにもかかわらず、女性パートナーが過体重/肥満のクラスIである場合、出産可能性が54%低下することが観察されました。

また、BMI値が肥満クラスIIに分類されるカップルでは、同等の出産可能性の低下が見られました。

女性のウエスト(cm) 女性のWHR
男性のウエスト(cm) <80 80~<88.6 ≧88.6 <0.8 ≥0.8
未調整
94未満 0.62 0.45 0.58
94~<101.6 0.7 0.6 0.59 0.52 0.73
101.6以上 0.78 0.88 0.6 0.71 0.75
調整済み*
94未満 0.63 0.52 0.62
94~<101.6 0.62 0.66 0.63 0.47 0.76
101.6以上 0.79 1.08 0.69 0.78 0.87
調整済み†
94未満 0.72 0.68 0.67
94~<101.6 0.71 0.7 0.74 0.5 0.8
101.6以上 0.76 1.17 0.73 0.75 0.87

Rajeshwari S, et al. Hum Reprod. 2017より引用編集

まとめ

このコホート研究では、不妊症ではないカップルを妊娠前に登録し、ベースライン時または妊娠を試みる前に標準化された体格評価を行ったところ、女性パートナーが過体重または肥満クラスIのカップル、およびパートナーがともに肥満クラスIIのカップルでは、出産可能性が低下することがわかりました。共変量を調整しても、出産可能性は約59%減少しました。

肥満のカップルは、BMIが正常なカップルの約半分の出産能力しかないことがわかりました。今回の知見は、夫婦の肥満が重要な「生殖毒性」である可能性を示唆しています。これらの知見は、カップルの体組成が繁殖力にとって重要であること、そして妊娠前の適切な指導の必要性を強調するものである。

一覧に戻る

※掲載しているレビューは効果効能を保証するものではございません。あくまでも本商品をご使用されたお客様個人のご感想です。